管理人オススメの簡単な英語だけでも喋れるようになる本

まぁ本なんてものはたくさんあるわけですが、ぼくが世界一周をしたうえで、それなりに役に立った本を紹介します。

とりあえずこれだけ完璧に覚えてれば、それなりには通用します。(ネイティブ除く)

あと、もう一つも同じシリーズものです。

スマートフォンアプリよりも本を勧める理由

えっ!?アプリで良いじゃん!と思われる人が多いことでしょう。

その気持ちわかります。

なぜなら、ぼくもアプリで良いじゃん派だったのです。

でも旅にはトラブルがつきもので、本にしかないメリットがあるのです。

まぁ短期のリッチ旅行なら、そんなに関係ないことかもしれませんけどね。

理由その1. スマホの充電は命

スマホのGoogle mapにそって、宿に行ったり観光地にむかいます。

移動中などにスマホをいじっていると、観光地での写真撮影や宿へのマップを使う時、充電が足りなくなる恐れがあります。

とにかくわからんことばかりの海外旅行で、スマホの充電は命みたいなもんです。

語学できれば問題なく着くでしょ?って思われるかもしれませんが、そんなことはありません。

ちゃんとGoogle mapを見ていないと、自分にキックバックの入る宿に連れていかれる可能性高めです。

理由その2. スマホを使ってると狙われる

あぶなーい観光地では、タクシーやバス移動中にスマホをいじっていると犯罪に巻き込まれるリスクが高くなります。

とはいえ何もしないのは暇なので、本がいいのです。

キクタン英会話をオススメする理由

まぁ内容がわかりやすいことが一番です。

ぼくみたいな英語全然ダメ人間でも、なんとか会話できるレベルまで成長できたのは、この本のおかげが多少あります。

あとは音声がついてることが大きいと言えます。

しかもゆっくりなので、聞き取りやすいです。

とりあえず英語全然ダメだけど、多少は会話できるようになりたいよー!って人にはいい本です。

ちなみに、この音声の内容を聞き取れてもネイティブの英語は聞き取れません。

成長しても、アメリカ、カナダなどのネイティブ英語圏以外の、アジアとかなら通用するかな〜レベルです。

そこんとこ、ご理解のほどよろしくお願いします。

個人事業主のブログに参加しています。
応援お願い致します。

にほんブログ村 経営ブログ 自営業・個人事業主へ

コメントを残す

このページの先頭へ戻る