タイの水かけ祭りにめっちゃ行きタイ

毎年4月にタイでおこなわれている「ソンクラーン」と呼ばれる水かけ祭りがあります。

本当は今年行きたかったのですが、悶々とこれから何しようかと迷いまくってた時期でもあったので、結局行けずじまいで終わってしまいました。

タイの水かけ祭りにめっちゃ行きタイ

引用:ロケットニュース24

4月の13〜15日にだけおこなわれるお祭りで、世界中から観光客の押し寄せる一大イベントです。

このお祭りでは、基本的に全てが無礼講で誰に水をかけても良いとされています。

薄着の美女をめがけて水をかけまくるのも良し、子供を狙うのもお年寄りを狙うのもありみたいです。

ちなみにソンクラーンとは、タイの旧正月のことですが、その中でも4月13日から15日にかけての3日間はとても大切な時期みたいです。

元々は年長者や仏像を清めるために、敬意を表して水をかける新年の行事だったようですが、今や完全に国をあげての水かけ合戦となっています。

昨年も知り合いや著名人がたくさん行ってたみたいです。

毎年どんな感じになる?

あらゆる道具を使っての水かけ合戦となり、上半身を脱ぐ人多数、消防車が出動してホースで水をぶっ放すといった、カオスなお祭りになっています。

タイに行ったら多くの人が乗って帰るゾウさんによる水しぶきも圧巻です。

こんなカオスなお祭りは、スペインのトマト祭りくらいではなかろうか?

気をつけることと注意点

  • 屋台にかけるのは危ないのでやめましょう。
  • 冷水は危ないのでやめましょう。
  • 薄着の女性は狙われます。
  • 濡れたらダメなものはケースにしまっておきましょう。
  • 日が落ちて暗くなったら休戦です。
  • お坊さんや警察官にはかけてはダメらしい。

ちなみに、北部のチェンマイでおこなわれる水かけ祭りが最も激しいようです。

経路的には、まずはバンコクに飛行機で行き、その日の夜か翌日の夜に、バスでチェンマイに行くのがラクだと思います。

めちゃくちゃおもしろそうなお祭りなので、興味のある人はぜひ行ってみてください。

個人事業主のブログに参加しています。
応援お願い致します。

にほんブログ村 経営ブログ 自営業・個人事業主へ

コメントを残す

このページの先頭へ戻る