費用対効果の高い賃貸物件を借りるテクニックとオススメサイト(賃貸、引っ越し)

この記事は、都内在住の方や転勤族の方には特に読んで頂きたい記事です。

あなたは賃貸を探す時や借りる時、なにか気を付けていることはありますか?

もし特に何もないと言うのであれば、下記のことを押さえておくだけで、費用対効果の高い賃貸物件に住める可能性が高まります。

費用対効果の高い賃貸物件を借りるテクニックとオススメサイト(賃貸、引っ越し)

費用対効果の高い賃貸物件に住むために押さえておくべき2つのポイント

  1. 賃貸の条件
  2. 引っ越し時期

1. 賃貸の条件が良い

これは最重要事項です。

アクセスが良く、賃料が安く、フリーレント(無料で住める期間)はあり、礼金がなしで、仲介手数料もなし or 半額の物件があれば最高です。

条件は難しいですが、探せばなくはないです。

ちなみに、敷金は本来は家賃の担保としての扱いなので、賃料を支払えなかった際や、重大な過失で部屋を汚した場合以外は、支払いの必要はありません。

良い賃貸物件の探し方は、下記サイトにまとめがあったのでオススメです。

部屋探しを最安で!賃貸物件を20万円安く借りられる5つのヒント。

部屋を借りる前に知っておきたい?賃貸の初期費用を安く抑える6つの対策

また、個人的にはアクセスの良さを最重要としているので、路線が多い駅も合わせて紹介しておきます。

【保存版】引越し時に考えたい、東京23区で乗り入れ路線が多い駅21選(その土地の平均家賃相場つき)

【保存版】引越し時に考えたい、東京近郊で乗り入れ路線が多い駅13選(その土地の平均家賃相場つき)

2. 引っ越し時期は夏がベスト

1年を通して最も安く賃貸物件が借りれるのは夏の時期です。

特に8月は空き物件が多いようです。

この時期であれば、シングル、ファミリー問わず5千円から1万円程度の値引き交渉が可能となるかもしれません。

また、個人的なオススメでは4月頃というのもあります。

4月の物件というのは、ピークの引っ越し時期を過ぎてまだ余っている物件なので、大家さんも必死で借り手を探そうとします。

物件数は少ないですが、こちらに有利な条件で話を進めやすくなる為に、狙い目ではあります。

安い物件が出てくることの多い賃貸探しのサイトは、カカクコムが運営している下記があります。

検索機能が弱いですが、かなりお得な物件が出てきます。

スマイティ

ちなみに、今はインターネット回線の申し込みと同時に引っ越しをすると、キャッシュバック等が入り、引越し費用を実質0円にするというものもありますが、価格.com等のサイトにあるキャッシュバックと比べると見劣りする為、あまりオススメではありません。

まとめ

良い部屋を探す際に見る項目としては、賃料、フリーレント、礼金、仲介手数料、アクセスと考えておけば良いでしょう。

時期は8月が狙い目ですので、交渉してみましょう。

月に1,000円の値引きでも2年間ですと24,000円になるので、バカに出来ませんよ。

個人事業主のブログに参加しています。
応援お願い致します。

にほんブログ村 経営ブログ 自営業・個人事業主へ

コメントを残す

このページの先頭へ戻る