歌舞伎町を含める夜のキャッチの信用性について

歌舞伎町などを中心に、夜は特にキャッチの激しい方が街中に必ずいますよね?

今回、そこらのセールスとかの実態に関して色々調べてみました。

まず第1に大道パターンとしては、2種類あります!

夜のキャッチの大道パターン

まぁこれはわかりきっていることなのですが、居酒屋関連かキャバクラを含む夜のお店関連です。

で、この2つはキャッチの中身も違うのですが、信用性も違います。

まず居酒屋系のキャッチは、基本的にはついていっても、大きなトラブルになることは少ないでしょう。

とは言っても、あまり味のよくない店だったり、飲み代は安いけど食事代はかなり高いなど、小さなトラブルは多発しているようです。

まぁ立地が良いのに儲かっていない店には、儲かっていない理由のあることが多いのです。

問題は2つ目の夜のお店です。

これは地域にもよりますが、特に歌舞伎町のキャッチは最悪です。

Googleで調べれば死ぬほど検索にヒットしますが、70万円ぼったくられたとか、結構えげつない話が大量発生しております。

歌舞伎町でボッタクリに遭い、弁護士呼んで裁判することになった

そもそもキャッチの人間って信用できるの?

地方都市や、東京や大阪でもメインエリアを除けば、そこまで気を付ける必要はありませんが、キャッチをしている人間はウソだらけと思っていた方が良いです。

彼らは自分たちのことを時給制だと言いますが、それは全くのウソです。(正確には、ほとんどウソ)

彼らの給料の基本は、売上のパーセンテージだったりします。

また、大手と交渉するフリだけして、結局は自分にお金を払ってくれるお店に連れて行くなど、やり口は秘境ですので、あまり信用してはいけません。

まぁうまく交渉出来たり、普通に新規開拓に繋がることもあるんですけどね☆☆

どういう人が狙われやすい?

ウロウロしている複数の団体や、安い居酒屋チェーンに並んでいる人みたいです。

後は飲み屋街でキョロキョロしてる人もターゲットになりやすいんだとか・・・

まとめ

とにかく基本的にはキャッチには付いていかないことです。

お店は、自分で探した方が安くなることが多いですよ。

但しまれですが、キャッチの人に結構良いお店を紹介してもらえることもあるので、地域によってはOKなのかなぁ〜と思ったりもするのです。(完全個人的意見です)

個人事業主のブログに参加しています。
応援お願い致します。

にほんブログ村 経営ブログ 自営業・個人事業主へ

コメントを残す

このページの先頭へ戻る