フランス人の働き方は日本人に当てはまる?

フランス人の働き方がちょっとNaverまとめとかで話題になってて、気になりました。

今、週35時間労働制を取り入れようとしてるんだとか・・・・・

フランス人の働き方は日本人に当てはまる?ものすごい短さです。

1日の労働時間は実質3時間も結構定着しているらしい。

それでも、さすがに管理職以上はこれに当てはまらないみたいです。

1日10時間以上働くのも普通なんだとか。

なんでそれが実現できているのかというと、時間帯効率を重視している、家庭や恋人との時間を重視しているからのようです。

もし日本でフランスの働き方を実践したら?

一見、最高じゃん! と思えるような内容ですが、これは絶対に日本人には真似できないと思います。

フランスに行ったことのある人ならわかると思いますが、サービスの質はものすごく底辺です。

でもフランス人としては、それでもそこまで気にならないので大丈夫なんでしょう。

日本人といえば、クレームが多いのことは、日々生活していも感じると思います。

テレビ局にクレーム、お店に行けばサービスにクレーム、商品を買って気に入らない店があればすぐにクレームと、クレーム三昧です。

さらには、ものすごいケチ(倹約家)です。

国民性がまったく違うので、料金だけ高くてサービスが底辺のフランススタイルを取り入れることは100%無理だと思うのです。

料金だけ高くなっててサービスの質が極端に低くなったら、ものすごいクレームになって、事業がまともに回らなくなるのは明白です。

フランススタイルにするためには、ものすごく物価を上げることになりますが、個人的に倹約家だけど贅沢な日本人には、無理なこと間違いなしですね。

まぁこんなのは、どっちが良いとかそういうものではないんですけどね・・・

全てを含めて良いと思う方の国に移住すればいいわけで。

でも、結局日本人には今の日本スタイルは合っていると思います。

世界中の色んなところに行って、それは強く感じました。

これだけ商品もサービスの質も高いのが当たり前になっていると、商品もサービスも質は下げられないですよ・・・

個人事業主のブログに参加しています。
応援お願い致します。

にほんブログ村 経営ブログ 自営業・個人事業主へ

コメントを残す

このページの先頭へ戻る