気合いが入らない時にやってること

会社に行ってた頃には、気合いが入ってようが入ってなかろうが、会社に行って帰ってくるだけでした。

もちろんそこには、最低限の責任は伴います。

しかし気合いが入らんから、今日は仕事休む〜とか、気合いが入らんから今日で会社辞める〜とか、そんなことにはなりません。

というか許されません。

気合いが入らない時にやってること

どんなに仕事が早くても定時までは会社に残らなければならず、逆に仕事の遅い人の仕事は、早い人が分担することが多いでしょう。

まぁどこの会社も大体はそんな感じだと思います。

自分で事業をやっている人は、気合いが入らなくなったら終わり

自分で事業をやっている人にとっては、気合いが入らないからちょっと手を抜こうなんてことは出来ないわけです。

これは個人で事業をやっていても、法人で事業をやっていても同じです。

そもそも気合いの入らんことで事業するなよ! ってツッコミもあるでしょうが、そういう人も結構多いはずです。

ある程度規模が大きくなって安定すれば、毎日気合いを入れて仕事をするぞー! ってなってなくても大丈夫かもしれません。

ですが、そこに至ってない人は何とか気合いの入る方法を自分なりに考えておかねばなりません。

もちろん正社員でも常にサボっている人は、解雇の対象です。

大企業なら、それでもなかなかクビになりませんけどね。

気合いを入れる方法(自己流)

完全に自己流ですが、ぼくは座り仕事と立ち仕事を交互におこなっています。

座り仕事では肩、腰が痛くなるのに対して、立ち仕事は足が痛くなります。

ちなみにここでいう立ち仕事とは、立った状態でパソコンを打っている状態です。

ワイヤレスキーボードなので、机の上にアイロン台などをおいて作業をしているのです。(いつもではない)

これで体が疲れる部分が分散されるので、気合いが少しだけ入ります。

あとは、コーヒー、コーラ、アイス、お菓子が好きなので、常に家には揃えています。

こういったアイテムがないと、モチベーションが続きません。

おかげでデブまっしぐらです。(運動は嫌い)

まぁ自己流なので万人に通用する方法ではないと思いますが、ストレスとの付き合い方、モチベーションの保ち方を自分なりに理解していれば、気合いが入りやすいと思います。

参考になる人は参考にしてみてください。

個人事業主のブログに参加しています。
応援お願い致します。

にほんブログ村 経営ブログ 自営業・個人事業主へ

コメントを残す

このページの先頭へ戻る