最低限おさえておくべきブログ記事の書き方[その2]

昨日に引き続き、ブログ記事の書き方をまとめていきます。最低限おさえておくべきブログ記事の書き方[その2]

ぼくも全然実践できてないんですが、やること自体は簡単だったりします。

あれです!

頭ではわかっていても実践できてないみたいな感じです。

1. 記事が長くなる場合は、写真などをはさむ

ブログ記事が1000文字クラス、もしくはそれ以上の場合なら、文章量の多さに読み手が疲れてしまいます。

意識して文中に写真や画像、図などを入れるようにすると読みやすさがアップします。

2. 引用を増やす

引用が多すぎるのは問題ですが、適度な引用は信ぴょう性をアップさせます。

上手に引用を活用すれば、元記事の信用度が自分のブログに跳ね返ってきます。

3. ブログは修正作業も大切

SNSで拡散された後は、元記事にプラスの要素を盛り込むことで記事の質が上がります。

またその他にも、記事をアップした後の文章を修正することで、誤字脱字を減らせます。

目安としては、直後と1週間後くらいが適切です。

直後以外は、まったくやれてませんけどね・・・

4. 記事ルールを守る

配置構成や改行ルール、リスト化や間のとり方、画像サイズなどは統一すると読みやすくなります。

レイアウトも含め、そのブログに合った記事ルールを守ると、読みやすい文章が書けます。

5. 記事はシンプルに書く

記事はダラダラと書かずに、シンプルにまとめた方が読みやすくなります。

ひとつの文の文字量は35〜45文字くらいまでが読みやすいとされています。

ぼくの場合は・・・今後頑張ります。

ちなみに、この本の内容は勉強になりましたよ。

まとめ

ブログ記事の書き方は本来シンプルみたいですが、継続するとなると大変なんですよね。

人気のあるブロガーすげぇなぁ〜などと思いつつ、今後も記事のレベルアップをしていきたいと思います。

個人事業主のブログに参加しています。
応援お願い致します。

にほんブログ村 経営ブログ 自営業・個人事業主へ

コメントを残す

このページの先頭へ戻る