徹夜でもパフォーマンスを落とさず乗り切る方法

若い10代の頃にくらべると、20代後半は本当に体力が落ちたなぁ〜と思います。

ひさしぶりに徹夜で作業しなければならないくらいになってしまったので、ひさしぶりの徹夜を乗り切った方法を紹介します。

徹夜でもパフォーマンスを落とさず乗り切る方法

前日の8時から翌日の12時までの約40時間をある程度パフォーマンスを落とさずに乗り切った方法です。

嫌で仕方ないですが、どうしようもない時は使えます。

とは言え辛いことには変わりなく、最終手段として覚えておいてください。

ぼくも普段は6〜8時間くらいは必ず睡眠時間をとるようにしています。

40時間を徹夜で乗り切った方法

やったことをとりあえずまとめます。

もうここに書いたことをやりまくるだけです。

それだけでとりあえずはある程度の眠気を飛ばせます。

  1. コーヒーや紅茶からカフェインを大量摂取する。
  2. 糖質を多めにとる。
  3. 炭水化物を抜いてたんぱく質中心にする。
  4. 食事の量自体を極力減らす
  5. 頭のてっぺんのへこみにあるツボとこめかみを10秒ずつツボ押しする。
  6. 姿勢を正す。

基本的には食事に関するものが多いですね。

ちなみに昨日は、口にしたものはこんな感じになりますので内容を簡単に残します。

徹夜しなければならなくなった人は参考にしてください。

  • コーヒー4杯(微糖)
  • 紅茶(3杯無糖)
  • ソーセージ、目玉焼き、サラダ、ほぼこんな感じ。
  • チョコレート2枚。

まぁあんまり食べないようにして「眠い〜」ってなるのをふせぎました。

おかげ様で、体重が500mgくらい減りました。

オススメはできませんが、追い詰められた時は試してみてください。

個人事業主のブログに参加しています。
応援お願い致します。

にほんブログ村 経営ブログ 自営業・個人事業主へ

コメントを残す

このページの先頭へ戻る