今ヤフカテの効果について今更ながら考えてみた

昔のSEO対策の一つには、ヤフーカテゴリ(ヤフカテ)に登録されることが目安の一つにありました。

しかし昔は、ヤフカテに登録されること自体が難しいとされていました。

今ヤフカテの効果ってどんなもんだろ?

サイトの審査やら何やら、結構難しかったらしいです。

しかもその当時は、審査に落ちたらそれっきりで、もう1度審査を受けたければ、50,000円払え〜みたいな感じでした。

今はその当時よりは明らかに被リンクの効果が弱くなってきたこと、Yahooの検索エンジンを使う比率が減ったことから、何度でも再審査が可能になっています。

ですので諦めずに修正していけば、ヤフカテ登録は可能になったんです。

肝心のヤフカテ登録の効果は?

ハッキリ言うと、アクセスアップの効果が見込めないのはまず間違いありません。

なぜならアフィリエイターやSEO業者の調査以外で、ヤフカテを普段使って検索している人に会ったことがないからです。

また、そんな話を聞いたこともありません。

今回調査のために初めて利用してみましたが、Google等の検索エンジンと比べて、使いやすいとは言えない印象です。

ですが、じゃぁヤフカテ登録は意味ないの? となると話は別です。

ヤフカテは今でもページランク6の強力なバックリンクです。

アクセスの流入は見込めなくても、サイトの信用力アップや検索順位の安定の材料にはなるでしょう。

もしかすると検索エンジンの順位も上がるかもしれません。

というか、昔のアフィリエイターの記事とかには大幅に上がるとか書いてました。

信じてませんけどね。

というわけで、ヤフカテからのアクセス流入はほぼないでしょうが、順位の安定や上昇には効果が見込めます。

ただし税別で50,000円必要なので、料金にも納得した上で申し込む人は申し込んでみても良いかもしれません。

個人事業主のブログに参加しています。
応援お願い致します。

にほんブログ村 経営ブログ 自営業・個人事業主へ

コメントを残す

このページの先頭へ戻る