起業する時の賃料をおさえる方法まとめ

起業をするなら、どうしても抑えたい料金のひとつに賃料があります。

これが悩みの種のひとつにもなります。

起業する時の賃料をおさえる方法まとめ

色んなものがあるけど何を選ぶ?

都心から近い、賃料が安いなど、様々な条件を考慮して選ぶ必要があります。

色々な条件を考慮しながら考える必要がありますね。

01. バーチャルオフィス

安くコストをおさえたいなら、オススメできる方法です。

実際のオフィスを持たずに電話、郵便物の転送、法人登記などがおこなえます。

ただし、銀行からの融資が受けられないなど制限は結構あるみたいですね。

02. 自宅をオフィスに

事務所OKの賃貸マンションや賃貸アパートを住居兼会社にしてしまうというものです。

探せば都心部は事務所OKの家も結構あります。

03. レンタルオフィス

単純に仕事のできる環境を借りることが出来るものですね。

FAXや電話が出来る、郵便物が受け取れる、会議が出来る、集中できる仕事空間など、安いところが借りられればお得です。

仕事スペースや各種サービスを共有するので、一般的な事務所を借りるのとは違います。

不便なこともありますが、スタートアップには十分かと思います。

04. インキュベーションオフィス

レンタルオフィスと同じように扱われることもあります。

しかし本来は、創業して間もない個人や企業に負担の少ない入居費用で賃貸スペースを提供してもらえる施設です。

経営コンサルタントなど、専門家によるサービスを受けられる施設もあります。

まとめ

とりあえずこれらの施設を考慮すると、現段階では2番の会社兼自宅にするのがベストかと考えています。

決算期は既に決めているので、そのタイミングに合わせて僕か相棒が引っ越し、そこを会社にしようと思います。

とりあえず賃料をおさえないと最初はヤバいですからね。

スタートアップを考えている人は是非参考にしてみてください。

個人事業主のブログに参加しています。
応援お願い致します。

にほんブログ村 経営ブログ 自営業・個人事業主へ

コメントを残す

このページの先頭へ戻る