円安だからこそ海外輸出が有利かも

中国最大のネットショッピングサイトでもある、淘宝網(タオバオ)の申請が許可されました。

今後はeBayと淘宝網にて出品手続きをおこなっていき、日本の商品をドンドン出品して販売する予定です。

円安だからこそ海外輸出が有利かも

ひとまず、こちらは全て相棒に任せることになってます。

出品から受付、発送までを任せます。

まぁ初売上が上がるのは、恐らく早くても来月末か再来月初旬くらいかと思います。

というのも、ぼくがタッチする前に売上が上る可能性は低いと考えているからです。

ぼくは2月くらいから海外輸出にもタッチします。

海外輸出の難しいところ

輸入だけなら、基本的なテンプレート英語だけ覚えればなんとかなります。

難しい商品出品や購入者とのやり取りは日本語でおこなえますし、売れる商品の調査もヤフオクで簡単にできます。

ですが、海外輸出はまた別物です。

商品説明文や出品、購入者とのやり取りも英語や中国語でおこなわなければなりません。

また、ヤフオクでは海外で売れ筋になる日本の商品はわかりづらいのです。

こういったところからも輸入よりは2つくらい難易度が上がりそうな気がします。

とはいえ、円安であることや商品切れの心配がないことは海外輸出の最大のメリットでもあります。

あとは海外から輸入する人に比べて、輸出する人は少ないのでライバルが少ないのも大きいと思います。

海外輸入は、小玉歩さんの「クビでも年収一億円」あたりから流行っている気がするので、市場が飽和しまくってます。

ということで、海外輸入ほどは飽和していない海外輸出で今後は勝負します。

とりあえずは海外輸出でも月の利益100万を目指していきます。

個人事業主のブログに参加しています。
応援お願い致します。

にほんブログ村 経営ブログ 自営業・個人事業主へ

コメントを残す

このページの先頭へ戻る