事業を始めるにあたって相談すると・・・

なにか事業を始める前、多くの人は周りの人に相談するのが普通だと思います。

ぼくは勝手に自分で決めてなにか始めだすことが多いので、あまり日頃から相談しないタイプですが、多分少数派だと思います。

事業を始めるにあたって相談すると・・・

ただし、報告はしますよ!

ぼくの場合は、「海外から帰ってきたら、何するか決めてないけど、なんか事業始めることにしたわ〜!」と、報告だけしました。

家族ともここしばらくは、そんな感じの適当コミュニケーションをとっていたので、特に反対されることもなく大丈夫でした。

これからぼくのパートナーになってくれる中国人の子にも、「周りに相談した?」と聞くと、親に相談したようでした。

勤めていた会社がかなりブラック企業だったこともあったようで、「それなら起業したので良いんじゃない?」と、送り出されてきたようです。

多分、2人ともが全く誰にも反対されることなく、なにか事業を始められることって貴重だと思います。

基本的に、友人や親は起業にも根拠なく反対する人が多いようです。

多分、理由なき安定志向なんだと思います。

いい大学、いい会社、いい給料・・・

もうそんな世間一般の常識には縛られたくないし、どうせいつかは死ぬんならやりたいことやって死にたいです。

もし本当はなにかやりたいことがあるんだけど、失敗を恐れるよりも、まずはやってみるべきだと思います。

なにやるかすらまだ確定してはいないですが、面白いことが出来てワクワクするような毎日にしたいなぁ。

個人事業主のブログに参加しています。
応援お願い致します。

にほんブログ村 経営ブログ 自営業・個人事業主へ

コメントを残す

このページの先頭へ戻る