モチベーションの統一が出来ないなら1人で起業すべき

もし誰かと起業するなら、最低限モチベーションは揃ってた方がいいように思います。

起業した友人や知人とも話していて思うのですが、友人や知人と起業してうまくいかないケースは数多くあります。

その中の一つは、モチベーションが揃ってないことにも原因があるかと思います。

モチベーションの統一が出来ないなら1人で起業すべき

友人の中に、友人同士で同じ部屋を借りて、その部屋で法人登記をして一緒に起業した人がいます。

今のぼくらもそうしようと考えているのですが、お互いのモチベーションが揃っているのかは、常に不安になります。

だって、「やる気ある?」とか愚問すぎて聞けないしね。

まぁ同じくらいのモチベーションだと信じてます。

こういった問題も、 一緒に住んで一緒に仕事をすれば、ハッキリわかると思うんですけどね。

もちろん、同居をはじめれば、より一層このモチベーション問題は表面化します。

そういったことも含めて気をつけないといけないのかもしれません。

なんで同居がトラブルになるのか?

同居をして、ひとつの目的のもとに仕事するのは、一見いいことにも思えます。

ただし良い関係を続けるためには、お互いのモチベーションが同程度の必要があります。

これは、どちらか一方のモチベーションだけが高すぎると、相手にイラつく原因にもなるからです。

またその逆で、片一方のモチベーションが低すぎれば、それはそれでトラブルになる可能性もあります。

また、メリットでもデメリットでもありますが、お互いのモチベーションが同じくらいなら、給料が安い時期も乗り越えられます。

惰性での仕事にならないか不安ではありますが、プラスに働けばかなり有利かと思いますよ。

個人事業主のブログに参加しています。
応援お願い致します。

にほんブログ村 経営ブログ 自営業・個人事業主へ

コメントを残す

このページの先頭へ戻る